タグ:音楽 ( 12 ) タグの人気記事

 

熱心な息子?!

先日の発表会が終わり、
息子が家に帰ってから盛んに「お姉さん、お兄さんのピアノ凄かったねー。
いつかああいう難しい格好良い曲をひけるようになりたい!」
と目を輝かせて言っていました。

その後、今までは嫌々ピアノに向かって座っていた息子でしたが、
(とても練習と言えたものではないのです・・・)
毎日やたらと一生懸命にピアノの練習をしています。
ピアノの発表会で他の人の演奏を聴いて刺激を受けてくれたんだわー
と親心に喜んでいたら、
単純にそれだけではなく、
発表会で同じ位の年の子で自分より難しい曲を弾いていた子達に
ライバル心を燃やしているだけのようです。
来年は自分の方が難しい曲を弾きたいと言って意気込んでいます。
(とりあえずの目標は、同学年の子がひいていたハイドンソナタだそうです。。。)

そんなに簡単に他の子達より上手くなる訳ないじゃない・・・
その子達の今までの練習量と息子の練習量・・・
どう頑張っても一年で埋められる差じゃないわよー。
ましてや残念ながら、他の人と比べて才能だってある方ではないのだから・・・・
と心の中でつぶやく私。。。

「そうねー。頑張って!期待してるわー」と一言。(苦笑)

しかし、いつまで息子の気持ちが続くのでしょう・・・
近いうちにいつもの息子の姿に戻ることは言うまでもありませんが・・・
まぁ、何はともあれ一生懸命練習をしてくれるのは嬉しい限りです!
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-07-10 10:57  

シャイン

久々に天才ピアニストデヴィッド・へルフゴットの半生を描いた名作、シャインを見ました。
厳格な父親の異常なまでのピアノへの拘りのあまり、息子をピアノ漬けに。
父親の大きな期待を一身に受け、ピアノのレッスンに励むデヴィット・ヘルフゴット・・・
見ていて全てが切ない映画です。

5年以上前にデヴィッド・ヘルフゴットの演奏を聞きに行きました。
彼は実年齢よりも遥かに老けて見えましたが、
彼の時間は、精神病になる前から止まったままのようでした。

彼の演奏で一番覚えているのは、
リムスキーコルサコフくまんばちは飛ぶ
まさに圧巻。その一言に尽きる演奏でした。
ピアノでこの曲を弾くなんて。。。
おそらく今の彼でこその選曲であり、また、今の彼だからこそ弾ける曲なのでしょう。

一曲一曲弾き終わるごとに、立ち上がっては、何度も何度もお辞儀を繰り返す。
お辞儀というよりも、むしろ身体が揺れていると言う方が正しい表現かもしれません。


人生を狂わせたピアノを
それでも彼は必死に弾き続ける。

彼の姿を思い出すと未だに胸が痛くなります。
今の彼がピアノを弾く時、幸せな気持ちだと良いなと心からそう願わずにはいられません。
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-06-25 16:59 | 音楽  

トラブル撃退法 part3

暑いー!!!!
毎日毎日梅雨入りしたというのに晴れなのは、なぜなのでしょうか。。。!?
明日からは、しばらく雨が続くそうなので、
今日のうちに出来ることはやってしまわないと・・・!大忙しですっ!
明日からは、本格的に除湿機を使わなくてはならなくなりそうです☆
買ったばかりなので、嬉しい限りです♪

さて、今回はトラブル撃退法パート3です。
音に関するトラブル
音色が変わった
ハンマーのフェルトが湿気を吸収し、堅くなってしまうことが原因だそうです。
ピアノの音が、金属製を帯びた音になり、ハンマーが変色しているケース
対処法:ハンマー部分の交換(もちろん調律師さんの出番です)

音程が狂った
梅雨時はどうしても、音程やピッチが崩れてきます。
対処法:梅雨が終わるまで我慢する
     本当にひどい場合は、調律師さんにSOS。

音程はまだしも、音色が変わるというのは、素人の耳にも分かるものなのでしょうか?!
日々少しずつ音色が変わっていく場合、私の耳で分かるものなのかどうか・・・不安です!
つまりは、割とまめに調律師さんに見てもらう方が良いということなのでしょう☆
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-06-18 13:32 | ピアノ  

トラブル撃退法!

関東が梅雨入りしたというニュースを見ましたが、
ここ広島のある中国地方はまだ梅雨入りしないようです!
とはいえ、天気はあまり良くないのですが…

さて、先日梅雨に向けてのピアノケアを紹介しましたが、
ピアノにトラブルが起きた際の対処法も見つけたのでご紹介したいと思います。
(量が多かったので、種類別に3回に渡ってアップしていきますね)
今回は鍵盤のトラブル編です!

鍵盤のトラブル編
弾いた鍵盤があがってこない
この状態「スティック」と呼ばれるそうですが、湿気によるトラブルではもっともよく起こります。
湿気の度合いによって鍵盤の動きが異なるようです。
トラブルが起こった次の日に湿気が少ないと、正常に動き、
また雨の日に元通りということもよくあるそうです。
対処法:除湿機を用いて、湿度を適度なものとする
     梅雨があけて乾燥する時期まで気長ぁ~に待つ
     調律師さんにSOS!

連打ができない
上の問題と似ていますが、鍵盤は戻って(あがって)くるが、
連打ができない…という状態。
対処法:除湿機・エアコンのドライ機能を使い、湿気を取る。(乾燥させ過ぎに注意!)
     直らない場合は調律師さんにSOS!

やはり、最終的には調律師さぁ~ん!!という事になるようですね。
横着者で気が短い私には…トラブルかな?と思ったら、
すぐに調律師さんに相談してしまいそうです・・・
こんな情報を見つけてきておいて元も子もないのですが・・・(苦笑)
それでは、次回はサビ・カビ等のトラブルをご紹介したいと思います!!
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-06-04 11:19 | ピアノ  

梅雨にむけて

暖かい日が続いていますね。
このくらいの時期って、窓を開けてすがすがしい空気の中、
生活が出来て幸せな気分になりますよね。

ですが、、、安心している場合ではないんです。もうすぐ梅雨の到来です!
人間が梅雨を不快に思うのと同じく、ピアノも梅雨を不快に感じるらしく、そしてそしてご機嫌まで悪くなるそうなのです!

梅雨時のピアノケアを見つけたので、少し紹介したいと思います。
・雨が降っている日は、ピアノの置いてある部屋の窓は開けない。
・一年中らしいですが、除湿機を積極的にかける。
 (一日に3.5ℓも水が溜まるそうです!(驚)
・天気の日は室内の換気をする。前日に雨が降らなかった日はピアノカバーを外し、ふたを開け内部にも空気を入れる
・こまめに掃除をする。湿気を含みやすいホコリを除去する。

そういえば、息子が通っているピアノの先生のお宅はいつも除湿機がかかっています。
やはりお手入れは大事なのですね!さすが先生!

いつもピアノの音色に癒されていますが、、、意外にも手のかかるピアノちゃん。。。
常日頃から手を抜けるところは手を抜く私には、息子達以上にピアノはお世話の掛かる存在になりそうですが、、、息子達も楽しく弾いていることですし、頑張ってお手入れに励み、梅雨を乗り切りたいと思います!

早速週末にでも除湿機を買いに行ってきまーす♪
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-05-21 12:01 | ピアノ  

戦場のピアニスト

今まで見たい見たいと思っていた映画をついに見ました!!


「戦場のピアニスト」


この映画で使われていたショパンの曲が、すごく耳に残っています。
やっぱりピアノっていいなあ。
ピアノの音って、耳だけではなく心に響く気がしませんか?

私ももう一度本格的にピアノ習ってみようかなぁ。

今「戦場のピアニスト」で使われていたピアノがどこのメーカーのものか調べてます。
でもなかなか出てこない。。
御存知の方いらっしゃいますか?
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-04-15 17:48 | ピアノ  

卒業式シーズン

卒業のシーズンっていくつになっても感慨深く思えてくるのは
私だけでしょうか(笑)

最近は大学や短大?を卒業した振り袖姿の女の子や
初々しさがあらわれてるスーツ姿の男の子を結構見かけますね。
これから新しい生活、皆さん頑張ってくださいね。

卒業式っていつも感動的ですよね。
うーん、息子二人の卒業式なんて絶対に泣いちゃいそうです(笑)

今は「蛍の光」や「仰げば尊し」ってあまり歌われなくなったのでしょうか?
今は「旅立ちの日に」という歌が定番になっているみたいですが
皆さん知ってましたか?(私はこの歌知りませんでした。。)
埼玉県の中学校の先生によって作詞・作曲された合唱曲らしいですが、
それが全国に広まっていったみたいです。

新たな旅立ちが素晴らしいものになるといいですね~。
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-03-23 20:25 | 生活  

モーツァルトの効果はどこから?

前回モーツァルト苺をご紹介しましたが、
モーツァルトを聴かせて育てた○○っというものに興味が沸き、
いろいろと調べてみたら、たくさんあってビックリです。

日本酒、焼酎、納豆、バナナ、パン(モーツァルト酵母)、牛、野菜などなど・・・

どの食べ物も「普通」に育てたものよりも、味がマイルドになったり、甘さが増したり、味が濃くなったり・・・人間でもモーツァルト療法なるものがあったりしますので、
モーツァルトは「生きるもの」に対して何らかの影響を与える音楽なんでしょうねー
とっても神秘的です♪

では、モーツァルトの効果の源って一体何でしょう?
誰しも一度は考えたはず!

ここからは難しい話で、私も本を読んだ受け売りですが・・・

人間の健康維持の為の生体機能には高周波を豊富に含んでおり、その高周波が神経を刺激して、良い健康状態を保つ作用をしているそう。

多々あるクラッシックの中でもモーツァルトの音楽は3500ヘルツ以上の高周波を多く含んでいるといわれていて、その高周波こそが、「生きるもの」の生体機能に影響を与え、生命活動を活性化させる事で「普通」のものよりもより優れたものに成長させていくと考えられているのだそうです。

うーーーんとっても深いです。。。(そして難しいです・・・。)

難しい事はさておき、我が家でもモーツァルト効果にあやかろうと、
リビングで「アマデウス魔法の音」というのを聴き始めました。

息子も私もこの曲を聴きながら、リビングで寛いでいると、非常に気分が良くなり、リラックスできているようで、「宿題しなさい」と3回言ってもノラリクラリと言う事を聞かなかった息子が、
最近はノラリクラリとしながらも口答えせずにやってくれるようになったのです。

そして、女性には嬉しい効果。肌の艶と張りも良くなるんですよ~(これには私もびっくり。)

難しい事は分からなくても体がその効果を良く知っているということなんですね~

人それぞれ”モーツァルト効果”は違うと思いますが、何か良い事が起こるはず!
是非モーツァルトを生活の中に入れてみては如何でしょうか~?
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-03-06 17:41 | 音楽  

ピアノ選びって大変!?

先日、息子のお友達のお母さんに聞いた話です。


「ピアノの選び方って難しい」


息子のお友達はある大手のピアノメーカーがやっている音楽教室に通っています。
ついにピアノを買おうと家族で決めたとき、、
果たしてどんなピアノがよいのだろうと悩んだそうです。


そんな時つい聞いてしまうのが「ピアノの先生」。
ここにちょっとした落とし穴があったと言ってました。

ピアノの先生って、実はピアノ選びのプロではないとのことなんです!!
ピアノを弾くことはプロだけど、ピアノの内部構造とか、本当にいいピアノを知ってる人って
実は少ないらしいんです。
先生自身もわからないから、結局その会社のピアノを薦めてくるんですって!

考えてみると、日本って売られてるピアノが限られてますよね。
もっといろんなピアノを触って選べばいいのになあと思ってしまいました。

お友達のお母さんも薦められたピアノは買わず、
他の友達に紹介してもらったピアノ屋さんで購入したようです。
よかったよかった。

値頃で質のいいピアノ、いっぱいあると思うんだけどなぁ。
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-02-01 15:54 | ピアノ  

モーツァルトってすごい!!

先日雑誌を見ていたら、モーツアルトの記事が載っていました。

ある主婦の話で、モーツアルトを聴いてたら
何年間も治らなかった病気が回復に向かったとのこと!!
えーー、それって気のせいでしょ(笑)


って笑ってたんですけど、なんだかモーツアルトの効果ってすごいみたいですね。。


病気だけじゃなくて子供の勉強のときに流すといいとか、、
イライラしてる時に聞くとリラックスできるとか、、、
調べたらいっぱいそういう情報や本が出てきました!

確か昨年くらいテレビでもやってたような。。。


今度から息子の部屋にはモーツアルトをずっとかけようかしら~(笑)
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-01-18 18:49 | ピアノ