トラブル撃退方 part2

だいぶ気温が高くなり暑くなってきました!!
下の子が気温の変化についていけずに風邪を引いてしまいました(涙)
よくよく考えてみると、たかが風邪なのですが、されど風邪!
自分の子供の事となると、やはり落ち着けず風邪と言えどそわそわと心配になってしまい、
年中様子を見に行っています。

さて、今回は先日に引き続き、サビやカビのトラブル対処法です☆

サビ・カビトラブル編
弦が錆びる
赤錆とよばれる錆びは材質を腐食させてしまい、弦が切れる原因にもなるので要注意です。
対処法:予防策なのですが、防錆油などを塗布する方法が良いそうです。
      しかし、機械に使う防錆油や化学変化で錆を取り除く還元剤は絶対に使ってはいけな
      いそうです。
      また、心配な場合は調律師さんや、ピアノを買われたお店SOS。良い防錆油等の紹介
      をしてくれたりします。
*また、黒錆と呼ばれる慢性的な酸化はそれほど気にしなくて良いそうです。

鍵盤や塗装部(黒い部分)にカビが生えた
ピアノを使う機会がなくなり、納屋などに入れている場合や、
空気の入れ替えをしていないお部屋にピアノを置いていると起こる事があるそうです。
対処法:中性洗剤を薄めて木綿布に浸し固くしぼり拭き取る。
      くもりがとれない場合は、コンパウダーという研磨剤を使って艶を出しシリコン系の艶だ
      し剤で仕上げます。

そういえば、昔私の実家の納屋に誰も使わなくなったピアノが置かれていましたが、
カビが生えていた記憶が…
やはり、適度な室温に部屋を保つという事にポイントがあるようです。
除湿機必須といったところでしょうか。
先日除湿機を買ってきましたが、かなり効果があるようです。
除湿機の排水タンクがすぐいっぱいになるので、びっくりです!!
また、適度な湿度になると勝手に止まってくれますし、
排水タンクが満タンになっても、止まってくれます。
今の機械は本当におりこうさんですね!!
皆さまもお試しあれ~♪
[PR]

by pianodaisuki_blog | 2008-06-11 14:02 | ピアノ  

<< トラブル撃退法 part3 トラブル撃退法! >>